ミュージカルの歩みとは

あの有名な「フレッド・アステア」をご存知ですか!?あとは、私も大好きな「ジーン・ケリー」などスターたちが現れます。
そして、シネマ・ミュージカルの黄金時代となっていきます。
(笑顔)そして、ロケの撮影に変わります。
これによって、大規模なスタジオは使われなくなったと言います。
(汗)。
そして、非現実的なミュージカルを求める傾向がなくなるのです。
残念なことですよね。
(汗)当時、テレビが普及し始めてから、映画は衰退していくようになります。
そのあとは、テレビに対抗して映画界が考案したものが、大スペクタクルな映画と言うことでした。
例えば、あなたもご存知の「ベン・ハー」があります。
(笑顔)。
そして、これらの超大作が競って制作されるようになります。
次にミュージカルで一世を風靡したMGMがあります。
起死回生として制作した作品があります。
数十億円の予算と言うことです。
ですから、今の価値だと数百億円にもなります。
予算をこれほどかけた超大作映画だったと言うことですが、これが史上最大の愚作と言う評価が多いようですね。
これによりシネマ・ミュージカルのMGMと言うのは、その後、ミュージカル映画から離れてしまうことになります。
(汗)。
アメリカでは、そのあとで、ミュージカル映画は残名ながら、殆どと言って良いほど、制作されなくなりましたよね。
(汗)シアター・ミュージカルも新たなヒット作品は生まれていません。
(汗)