光インターネットの最大のデメリットとは何でしょう?

光インターネットの最大のデメリットは、これまでの電話線が利用できないということです。
光インターネットのデーター情報は光信号なので、光ファイバーを使用します。
従来の電話回線は電流による送受なので、金属製の電線が使用されています。
ですから、今まで電話が開通していた地域に光インターネットを開通させるには、新たに光ファイバー回線を追加する工事が必要になります。
このため、サービスエリアを拡大するためには多大な費用がかかってしまう点があげられます。
又、光インターネットでは「光電話」が利用できますが、停電になると一切利用できなくなってしまいます。
ADSLのメタル回線時代でも停電になるとモデムは使えなくなりますが、電源を必要としない電話機は使用できました。
今時、黒電話を使っている家庭はないと思いますが、災害地域ではかなり重宝したようです。