看護師の転職で大切なことは?採用を左右する面接って?

看護師が転職するときに大切なのが面接といえます。
看護師が面接時に頻繁に聞かれる事としては以前の病院での仕事内容、以前の病院を辞めた理由、働くとしたら、この病院で何をしたいと思うか、また、自分の看護に関する価値観などでしょう。
特によくきかれる、こうした質問にスムーズに応答できるように考えを整理しておくことが必要になります。
妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事として胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。
エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、細心の注意を払ってほしいところです。
同様に、薬にも病院で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、軽く考えない方が良いでしょう。
勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。
それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。
仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例としてエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。
食事のために休憩するということを他の勤務中の看護師に伝えるための暗号として使用している現場は多いようです。
ではこのエッセンというのは何かといえば、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。
昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、現在までその習慣が微かに残っていて今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。
叔母にあたる人が、離婚をして地元に戻ることとなりました。
久方ぶりに会った私の想像よりも叔母は元気そうで、「看護師なんだから、仕事に困ることはない。
誰かの世話になんかならなくっても十分に生活していけるわ」と吹っ切れたように笑っていました。

看護師転職の面接でよく聞かれる質問は?NG回答を確認【失敗例とは?】